体内での酵素の役割

体内での酵素の役割は、色々あり、非常に重要な役割を果たしています。酵素は、新陳代謝を活発にする作用があります。体内では、吸収された栄養を細胞に届け、有効に働くよう手助けをします。酵素は身体の中で作られていて、消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素は食べ物を体内で消化するために必要な酵素で、代謝酵素は、栄養素をもとに身体の各細胞を作ります。酵素は、呼吸や運動にもかかわっていて、人が生きていく上で欠かせないものです。老化を防ぎ、毒素を解毒し、免疫力や自然治癒力に作用するので、酵素は生命に大きく関わっています。酵素は体内で、免疫力を向上させるので、病気や感染症、そして異物に対して抵抗力を高めてくれます。自然治癒力を高める作用もあるので、身体の悪い部分を改善して病気を治してくれます。体内に酵素があると、血液も浄化してくれ、血液を常にきれいに保ってくれます。ホルモンバランスを良くする効果もあります。酵素には、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを調整する役割があります。神経の働きを正常にし、体内の毒素を排泄し、余分な脂肪を燃焼する働きもあります。